03-6869-5409お問い合せよくあるご質問

平日/10:00~20:00  土曜/10:00~13:00  定休日/日・祝

平日/10:00~20:00
土曜/10:00~13:00
定休日/日・祝

ロシア国際結婚イルビス ロシア、ウクライナ、ラトビア、ベラルーシ等のヨーロッパ女性や日本国内外在住の外国人女性との国際結婚をサポートいたします

ロシア国際結婚イルビス ロシア、ウクライナ、ラトビア、ベラルーシ等のヨーロッパ女性や日本国内外在住の外国人女性との国際結婚をサポートいたします

各エリアの特色

日本国内

日本国内

日本国内で登録女性が居住する各都市になります。
日本国内でのお見合いが可能なため、仕事を休むことなく時間を有効活用することができます。
ロシア、ウクライナ、ラトビア、ベラルーシ等のヨーロッパ女性に限らず、日本国内在住の外国人女性を対象としており、女性の数は多くありませんが成婚率は高いエリアです。
お見合い費用を必要としない(会費に含まれる)ため、リーズナブルに活動できるのも特徴です。

日本国外

日本国外

日本国外(海外)で登録女性が居住する各都市になります。
お見合いをする前にSKypeやメール等で女性と直接コンタクトをとることが可能なため、事前に女性の人物像をある程度把握した上で会うことが可能です。
どこで会うかについては女性と相談して決めることができるため、お時間があまりとれない方は女性を日本に招聘することも可能です。
お見合い費用を必要としない(会費に含まれる)ため、リーズナブルに活動できるのも特徴です。

モスクワ

モスクワ

ロシアの首都であり、世界有数のメガシティです。
ロンドン(イギリス))やパリ(フランス)を抑えて、ヨーロッパで最も人口の多い都市でもあります。
クレムリン宮殿、ロシア正教の総本山ウスペンスキー大聖堂、赤の広場の聖ワシリイ大聖堂等の歴史的建造物が多いのも特徴です。
日本から直行便があり、市内の地下鉄も整備されているので交通の便はとてもよいです。
都会の洗練された女性が多く、男性に対する要求レベルも少し高めですが、魅力的なロシアンビューティーが最も多い人気のあるエリアです。

サンクトペテルブルグ

サンクトペテルブルグ

ソビエト連邦時代はレニングラードと呼ばれていたロシアの古都であり、日本で例えるなら京都のような街で、ロシア随一の美しい景観を有しています。
観光名所の多くがユネスコの世界遺産に登録されており、ロシア観光を楽しみたいのであればサンクトペテルブルグは絶対に外せません。
日本から直行便があった時期もありますが、モスクワ経由の空路が便利です。
高学歴でマルチリンガルの女性も珍しくありませんので、お見合い後のセカンドデートとして、女性に市内を観光案内してもらうのも楽しみの一つです。

ウラジオストク

ウラジオストク

ロシアの極東部に位置する都市で、沿海地方(プリモールスキイ地方)の州都でもあります。
日本から一番近いヨーロッパとも言われ、2時間ちょっとのフライト(直行便)で行けてしまう国内旅行並みの手軽さが魅力です。
鳥取県の境港からウラジオストク行きのフェリーも出ているので、時間に余裕のある方は船旅を楽しむこともできます。
登録女性の数は多くありませんが、日本に近いこともあり日本文化や日本食に興味がある親日家の女性が多いエリアです。

ロストフ・ナ・ドヌ

ロストフ・ナ・ドヌ

ロシアの南西部に位置する都市で、ロストフ州の州都でもあります。
ロシアの中では温暖な気候で冬でも比較的過ごしやすいため、冬季の渡航もお勧めできます。
2018年ワールドカップサッカー決勝トーナメントで日本VSベルギー戦が行われた場所でもあり、たくさんの日本人が深夜のTV放送に釘付けになったことは忘れられません。
日本から直行便はありませんが、モスクワ経由の空路が便利です。
登録女性の数が多く年代も幅広いため、年齢差のあるカップルが多数誕生しており、年配の男性にたいへん人気があるエリアです。

ノボシビルスク

ノボシビルスク

ロシアのシベリアの中心的都市で別名「シベリアの首都」とも呼ばれています。
人口規模はモスクワ、サンクトテルブルグに次ぎ、国内第3位の都市になります。
2018年に日本と直行便が開通して交通の利便性が増していますが、時間に余裕のある方はウラジオストクやモスクワからシベリア鉄道を使うという手段もあります。
極東ロシアほど近くはありませんが、直行便があることは遠距離恋愛では有利な条件となりますので、今後多数のカップルが誕生する可能性を秘めています。

オムスク

オムスク

ロシアのシベリア連邦管区の西端に位置し、シベリアではノボシビルスクに次ぐ2番目に大きな都市です。
シベリア開拓の拠点として知られ、かつては日本領事館が存在したこともあります。
日本から直行便はありませんが、モスクワ経由の空路が便利で、時間に余裕のある方はウラジオストクやモスクワからシベリア鉄道を使うという手段もあります。
登録女性の数は多くありませんが、純朴な雰囲気の女性が多く、都会の女性はちょっと苦手という方にはお勧めのエリアです。

キエフ

キエフ

ウクライナの首都であり、東ヨーロッパ有数の大都市です。
東ヨーロッパにおける最古の都市で、キリスト教の聖地の一つとしても知られ、聖ソフィア大聖堂やキエフ洞窟大修道院は世界遺産にも登録されています。
市内には広大な植物園や緑豊かな公園が数多く点在していることから「緑の都」とも呼ばれ、四季折々の美しい景色が楽しめます。
日本から直行便はありませんが、イスタンブール(トルコ)やドーハ(カタール)等を経由する空路が便利です。
美意識の高い女性が多く、男性に対する要求レベルも少し高めですが、魅力的なウクライナ美人が最も多い人気のあるエリアです。

ドニプロ

ドニプロ

ドニプロ川の河岸に位置する、ウクライナ有数の工業都市です。
日本では長らく「ドニプロペトロウシク」等の表記がなされていましたが、2016年にウクライナ最高議会は同市の名称を「ドニプロ」へと改称することを決定しています。
エネルギー産業等の重工業が主産業で、ソ連時代を含めて多数の優秀な人材を輩出しており、「ソ連の人材の首都」と呼ばれていました。
日本から直行便はありませんが、キエフやウィーン(オーストリア)等を経由する空路が便利です。
登録女性の数が多く年代も幅広いため、あらゆる世代の男性から好評を得ているエリアですが、年齢差のあるカップルも多数誕生しています。

ハリコフ

ハリコフ

ウクライナ北東部の都市で、人口ではキエフに次いでウクライナで2番目に大きな都市です。
かつては、ソ連ウクライナ共和国の首都であった時期もあります。
第2次世界大戦のハリコフ攻防戦が有名ですが、大損害を受けた後に見事に復興し、ウクライナ第2の都市として発展を続けています。
日本から直行便はありませんが、キエフやイスタンブール(トルコ)等を経由する空路が便利です。
登録女性の数は多くありませんが、容姿端麗の女性が多く、本物のウクライナ美女との国際結婚を望まれる方にはお勧めのエリアです。

ミンスク

ミンスク

ベラルーシの首都であり、東ヨーロッパ有数の大都市です。
ポーランドのワルシャワとロシアのモスクワを結ぶ鉄道と、ラトビアのリエパーヤとウクライナのロームヌイを結ぶ鉄道が交わる交通の要所として知られています。
冬は比較的温暖で治安も良く、豊かな自然に恵まれていることもあり、ヨーロッパ各国からたくさんの観光客が訪れます。
日本から直行便はありませんが、モスクワやイスタンブール(トルコ)等を経由する空路が便利です。
スラブ系の白人美女が多く、モデルのような容姿の女性との国際結婚を望まれる方にはお勧めのエリアです。

リガ

リガ

ラトビア共和国の首都であり、バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)最大の都市です。
「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。
歴史建築の宝庫として知られ、街の起源となる頃に建てられた教会や、旧市街には中世の美しい建物が多く立ち並びます。
日本から直行便はありませんが、モスクワやヘルシンキ(フィンランド)等を経由する空路が便利です。
ラトビアはEU加盟国なので、美しいヨーロッパ女性とお見合いの後は欧州観光も楽しめる一石二鳥のエリアです。

他都市

他都市

現地提携先が管轄するエリア以外の都市の登録女性が居住する各都市になります。
原則女性の「居住地」でのお見合いとなりますが、女性が「居住地」以外の場所でのお見合いを同意された場合は、双方に都合のよい都市(日本含む)でお見合いをすることが可能です。
女性が地方都市に在住で交通の便が良くない場合は、日本に招聘してのお見合いがお勧めです。
登録女性は、ヨーロッパ・アメリカ・中国等の世界各地に居住しているので、現地在住の日本人男性にもお勧めのエリアです。

top▲